人の上手な動かし方

心理学


どうも、ドロスケです。

人に何かお願いする時、
自分の中でプチ駆け引きしてませんか?


例えば、書類の入った重い箱。
隣の倉庫まで運ばなきゃいけない。
もっと言えば、倉庫の棚の3段目に入れなきゃいけない。
めんどくさい。
ちょうど近くを通りがかった、
自称、力じまんがいます。

あなたならどうお願いしますか?


ほめて、ちょい挑発


ねぇ、ソース取って!
くらいなら別に誰でもやってくれると思います。


自称、力じまんというからには、
プライドが高いです。

そのプライドをちょこっとくすぐってやればいいんですよ。



さて、正解発表です。

「ねぇ、きみは力持ちだけど、
 さすがにこれは重くて運べないよね?
 ほんでもって、倉庫の棚の3段目に入れるとか無理だよね?」

です。


そうすると力じまんは、
「なにをぅ!こんなもん、楽勝じゃい!
 見とけ!この上腕二頭筋を!」
って言います。

プライドの高い人の共通項


ここで、プライドの高い人について少しだけ掘り下げてみます。


まず、なぜプライドが高いのか。
ということですが、
一般的に「自分の秀でている部分を認めてもらえないことへの反発」と言えます。

プライドの高い人が、なんか偉そうにしてるのは、
この現れですね。


こういう人たちは、その大切なものを褒めてあげると、
めっちゃ快感なんです。

力持ちだったり、
英語がしゃべれたり、
機械につよかったり、
料理がうまかったり。

そんなところを褒めてあげると、
あなたを受け入れてくれて、
力強い味方になります。


「ほめて、ちょい挑発」のすごいところ


この「ほめて、ちょい挑発」のすごいところは、
ただ動いてくれるのみではないんです。
彼らは、「自発的」にやってくれるという所です。

潜在意識の快感をくすぐられているので、
本心では「めんどくせっ」って思ってても、
自尊心が断ることを許さずに、
「やってやるぜ!」ってなるんです。

まとめ


どうでしたか?
プライドが高くて優秀な人って結構多いです。
そんな人たちをうまく味方につけれると、
とても頼りになりますね。


ひとつだけ注意!
この「ほめて、ちょい挑発」はプライドの高い人ほど効きます。


裏を返せば、プライドの低い人にはあまり効果はありません。
それどころか、
「〜さすがに重くて運べないよね?」って聞くと、
「はい!無理っす!ついでにこれも運んでください」ってな具合に、
逆効果になっちゃったりするんで、要注意ですよ!

 

仕組み化・自動化に興味のあるあなたへ

 

顧客満足度97%超えのZEROPROが2年の時を経て『リストマーケティングの専門書』として完全リニューアル。

実績作り・情報発信・リストマーケティングの流れを動画コンテンツで徹底解説。

「24時間」「365日」お金を稼ぎ出す仕組み作りの戦術・思考・テクニック全てをまとめた極秘コンテンツサイトが『ZEROPRO改』です。

期間限定で無料プレゼントしていますので、下記の「今すぐ無料ダウンロード」をクリック!

ゼロプロ改

 

心理学
スポンサーリンク
ドロスケをフォローする
コンテンツビジネスで自由を手に入れるためのホニャララ

コメント

タイトルとURLをコピーしました