一瞬で相手の心をつかむ言葉の使い方

心理学


どうも、ドロスケです。

毎日毎日、やることがたくさんあって、
24時間では足りない!
そう思ったことありませんか?

そんなあなたにこんな言葉をおくります。

時間がないなら寝ろ!


こんな言葉、実際にあるかどうか分かりませんが、

「???」ってなりませんでした?
「時間ないから睡眠時間削ってんだよ、このタコスケ!」って。

これは、あなたの「認知」に「不協和」が起きているのです。

「時間がないなら睡眠時間を削っちゃえ」という「認知」に対して、
逆に「寝ろ」という「不協和」が起きたのです。


これをそのまま「認知的不協和」といいます。


例で出した「時間がないなら寝ろ」ですが、
単純な事で、時間がないからといって根詰めてあれこれやって、
ミスしたり、問題起きたりして時間食うよりは、
ちゃんと寝て作業した方が、効率はいいですよー。
という、アレです。

認知的不協和を起こせ


この認知的不協和は、
人にとりあえず聞いてみようという気にさせます。

「痩せたければ、食べろ!」
とか言われると、

「???」だったり、
「何だと?」とか、
「は?」とか、
とにかく「?」が浮かびます。
「どうして?」と脳が反応するのです。
理由を聞いてみたくなります。

で、その後に、
「規則的な食生活を送る事で代謝があがって、
 カロリーが消費しやすくなるんだよ」

と、説明をすると、
なるほど!てな感じで、説得力が増します。

なぜ脳が反応するのか


脳が反応するって言うと、
なんだか大げさな感じがしますが、
人は、自分の認知に不協和が起きたままだと、
なんだか気持ち悪いんです。
説明を求めたくなるんです。

だから、認知的不協和を起こして、
脳を反応させ、
その後の説明で納得させるのです。

まとめ


認知的不協和は、書籍のタイトルなんかでもよく使われています。

堀江貴文 – ホリエモンの「99%の会社はいらない。」とか、
自己啓発書で有名な「嫌われる勇気」とかですね。


不協和は起こさずに普通の事ばっかしゃべっても、
説得力は増しません。
だれかに注意するときには、
「んなこと分かってるよ!」と、
反発されるかもしれません。

そんなときは認知的不協和をお試しくださいませー。

 

仕組み化・自動化に興味のあるあなたへ

 

顧客満足度97%超えのZEROPROが2年の時を経て『リストマーケティングの専門書』として完全リニューアル。

実績作り・情報発信・リストマーケティングの流れを動画コンテンツで徹底解説。

「24時間」「365日」お金を稼ぎ出す仕組み作りの戦術・思考・テクニック全てをまとめた極秘コンテンツサイトが『ZEROPRO改』です。

期間限定で無料プレゼントしていますので、下記の「今すぐ無料ダウンロード」をクリック!

ゼロプロ改

 

心理学
スポンサーリンク
ドロスケをフォローする
コンテンツビジネスで自由を手に入れるためのホニャララ

コメント

タイトルとURLをコピーしました