【 無職旅行-19 】フェルトキルヒで更なる試練

無職旅行


この日、リヒテンシュタイン乗り上げ事件がおきました。


やっとの思いでホテルを見つけ、チェックインも済ませたところ、
パスポートが見つかりません。

   ここまでの道中で車にいる時に、パスポートをスーツケースから出したような気がする。

実際、国境か何かの時に、
高速道路の料金所的なものを見つけたから、
「パスポートを見せるかもしれない」と、準備したという記憶がありマス。

   じゃあ車の中で落としたんだろうね。

という事で、奥さんを部屋に残し、駐車場へと戻ります。



車に戻り、シートの下、トランクの中、後部座席のあちこち、
必死になって探しますが、見つかりません。



悪い事はさらに続きます。



イカしたオーストリアンのおっちゃんが、僕のところに近づいてきます。


「オポポポポポ、ペペペペペペ、プピー!」


言葉は分かりませんでしたが、
目線やジェスチャーですぐにわかりました。

車のライトが点きっぱなし。


おおう、危ない危ない、バッテリーあがったらシャレにならんかった。
ありがとう、おっちゃん。


運転席にもどり、ライトを消そうと、
ハンドル横のライトの棒(名前知らん)をエイっとひねります。
表記はOFF


つまり、本来ライトは消えてる状態なのですが、
何らかの影響で、ライトが点きっぱなしになってます。しかも左だけ。


何でだろう。
何かやったっけ?



やりました。

盛大にやらかしました。



そうです、リヒテンシュタイン乗り上げ事件です。

『相棒の裏側と歩道のフチが擦れた音がしました。』

【 無職旅行-17 】リヒテンシュタイン乗り上げ事件 より抜粋)



あの時かー!!

裏側を擦った時に何か起きたのかー。

でもこのままじゃ、明日からの旅が危ない。


そう思い、色々試してみました。

無駄にエンジンをかけてみる。
無駄にハイビームにしてみる。
無駄にライトのスイッチをカチカチしてみる。
無駄に駐車場の中を走ってみる。



どれもダメでした。
どうしよう。

部屋で待ってる奥さんも、帰りが遅いと心配するな。
そう思い、エンジンを切り、運転席を後にしました。


鍵を閉めようと、車のキーのリモコンを車の方に体ごと向けました。


   ラ・イ・ト・キ・レ・テ・ル


んだよー!いままでの焦りや不安は何だったんだよー!
と思いましたが、事なきを得たので、良しとしました。



部屋に戻り、これまでの顛末とパスポートはなかった事を報告し、
もう一度だけ、スーツケースを探すと、普通に見つかりました。



パスポートと車のライトには、ただ踊らされただけでしたが、
何ともなくてよかったです。


このアクシデント続きの1日はもう少し続きます。

 

仕組み化・自動化に興味のあるあなたへ

 

顧客満足度97%超えのZEROPROが2年の時を経て『リストマーケティングの専門書』として完全リニューアル。

実績作り・情報発信・リストマーケティングの流れを動画コンテンツで徹底解説。

「24時間」「365日」お金を稼ぎ出す仕組み作りの戦術・思考・テクニック全てをまとめた極秘コンテンツサイトが『ZEROPRO改』です。

期間限定で無料プレゼントしていますので、下記の「今すぐ無料ダウンロード」をクリック!

ゼロプロ改

 

無職旅行
スポンサーリンク
ドロスケをフォローする
コンテンツビジネスで自由を手に入れるためのホニャララ

コメント

タイトルとURLをコピーしました