【 無職旅行-15 】プレゲンツとファドゥーツ

無職旅行

リンダウへ向け出発


旅の相棒

旅の相棒

が英語を喋れるという事実をひた隠しにして、
お昼過ぎにようやく、カミングアウト。

ボーデン湖の東、リンダウに向けて出発しました。



アウトバーンをビューと気持ちよく走り抜けます。




何語か分からない(多分ドイツ)ラジオも、軽快な歌を口ずさむ。



結構英語の曲も流れたりするんですね。
日本で洋楽がかかるのと同じ感じなのかな。

となりでは奥さんがカーナビをいじっています。


「ねぇ、リンダウやめてプレゲンツにしない?」

との一言で、プレゲンツに変更になりました。
プレゲンツはオーストリアにある都市です。

とはいえ、進む方向はそんなに変わらないので、
なんのロスもありませんでした。



そしてどういうやりとりだったかはよく覚えてないのですが、
さらに、ファドゥーツに変更になりました。
リヒテンシュタインという国をご存知でしょうか。


とてもとても小さい国なんですが、お金持ち。


切手で有名な国ですね。

ということで、この日は

ミュンヘン(ドイツ)
  ↓
フュッセン(ドイツ)
  ↓
リンダウ(ドイツ)※行ってない
  ↓
プレゲンツ(オーストリア)
  ↓
ファドゥーツ(リヒテンシュタイン)


という行程になります。

だんだん日も傾いてきて、
あの事件が起きます。

「リヒテンシュタイン乗り上げ事件」

詳細はまた次回(になるかどうかは分からない)!



リヒテンシュタイン公国に入国


時刻は17時になろうかという所。
ようやく、リヒテンシュタイン公国に入りました。


日も暮れてきたので、あまりはっきりとは見えないですが、
とてもきれいな街。
洗練されている感じがします。

僕ら夫婦には旅の教科書とも言うべきものがあります。

それがコチラ

水曜どうでしょうです。

今回のノープラン旅行に際してこの番組から学んだ、大事なことを忘れないようにしました。


「食事の前に宿を探す」


です。

水曜どうでしょうの中で、
大泉洋は「宿を探す前にご飯が食べたい!」とのたまわり、
先に食事をとりました。

その結果、レストランで料理が出るのが遅すぎて、食べ終わったのは23時前。

ホテルを探すもどこも満室。
挙句の果てにドイツの道端で、
ディレクターからでた言葉は
「ここをキャンプ地とする」
でした。


僕らはどうでしょう班と同じ轍は踏みたくない。
そんな思いがありました。


彼らの教訓を無駄にはできない。

僕らは先に宿を探すという共通意識の元、今回の旅に挑みます。


そして、リヒテンシュタインはファドゥーツに。
駐車場を見つけ、駐車しました。

地下駐車場でした。

地上に上がろうと、エレベーターに向かいます。

すると、ちいさな機械がエレベーターの前に立っています。

発券機です。

リヒテンシュタインの公用語はドイツ語。
またもドイツ語が僕らの前に立ちはだかります。

ワカラン。ワカランヨ。
イラストの説明もあるのですが、
抽象的すぎて分かりません。


あれこれ格闘していると、エレベーターから一人の女性が下りてきました。
発券機をうらめしそうに見つめている東洋人夫婦を見つけ、
手を差し伸べてくれました。

「ハfghフィオsgfh アshdフィshdfj」


「ん?」


「jサhdfピdf@ポイsd ァイウjhsfp;イオs」


「んんっ?」


こいつ、ドイツ語しゃべりやがった!

ひとしきり説明を終えると、その女性は満足そうに去っていきました。。。

あまりにも無反応な発券機と先ほどの女性の対応から、僕らは

「これ、今日は何か特別な日でお金いらないんじゃね?」

と、都合のいい解釈をして、街へ繰り出したのでした。

 

仕組み化・自動化に興味のあるあなたへ

 

顧客満足度97%超えのZEROPROが2年の時を経て『リストマーケティングの専門書』として完全リニューアル。

実績作り・情報発信・リストマーケティングの流れを動画コンテンツで徹底解説。

「24時間」「365日」お金を稼ぎ出す仕組み作りの戦術・思考・テクニック全てをまとめた極秘コンテンツサイトが『ZEROPRO改』です。

期間限定で無料プレゼントしていますので、下記の「今すぐ無料ダウンロード」をクリック!

ゼロプロ改

 

無職旅行
スポンサーリンク
ドロスケをフォローする
コンテンツビジネスで自由を手に入れるためのホニャララ

コメント

タイトルとURLをコピーしました