【 無職旅行-12 】ノイシュバンシュタイン城の麓とガイド

無職旅行

ノイシュバンシュタイン城に到着しました。
正確には、ノイシュバンシュタイン城のふもとに、到着しました。

お城は、麓の街みたいなとこから、
少し登っていったところにあります。


前にも書きましたが、このお城は、
ディズニーのシンデレラ城のモデルになったお城だそうです。


11月半ばなんですが、寒い!
アスファルトが凍ってるところ何かもあって、歩いてると坂道で滑りそうになります。



チケットセンターに到着。
なんともこぎれいなオシャレなチケットセンターでした。


問題が1つ。ツアーの時間です。
ミュンヘンからフュッセンまで、おっかなびっくり運転していたため、
日本で予約していた、お城ツアーの時間ぴったりに、
チケットセンターに着いてしまいました。


ノイシュバンシュタイン城に行くには、
チケットセンターやレストランやおみやげ屋がある、ふもとの町から

  1. 徒歩で行く(30分)
  2. バスで行く(10分・1.8ユーロ)
  3. 馬車で行く(15分・6ユーロ)

の3つの方法があります。

バスか馬車ならギリギリ間にあうんじゃないか?
と思いましたが、そうは問屋がおろしません。

発車までの待ち時間があります。

僕らに残された選択肢は3つ。

  • 1時間後の英語ツアーに参加
  • 2時間後のオーディオツアーに参加(日本語あり)
  • 30分後のドイツ語ツアーに参加

チケットセンターのカウンターで少し迷いましたが、
結局、2時間待つ事にしました。
この2時間が後々大変なことになるとも知らずに…。

お城に行く手段は馬車を選びました。
歩いていくのもいいかなと思ったのですが、
30分の坂道を歩くのなら、行き(のぼり)より帰り(くだり)の方がいいと思ったからです。

馬車に乗り込み、馬車が乗客で埋まるのを待って出発です。
隣には外国人の家族が座っていました。


日本にいても思うのですが、外国(欧米)人の子供って何であんなにかわいいんですかね?
目とかクリっクリっで、髪もぐりんぐりんで、日本人と比べると反則ですよね。


そんなかわいい子供連れの家族と僕らを乗せて、
馬車はポクポクお城へ登って行きます。


馬車にゆられる事10分ちょい。

お城の前の広場に到着しました!

ここではツアー待ちの観光客がチラホラいました。
小さいお土産屋さんなんかもあります。

広場では麓の農村の景色を見下ろす事ができて、
きれいな景色に心が洗われました。


だが長ぇ!
2時間って結構あるぞ?


無駄にお土産屋を見に行ったり、写真を撮ったりして、
お城の門の中の待合所みたいな所にいきました。

ここでは、モニターに番号が書いてあります。
自分のチケットにツアー番号が書いてあって、
自分の番号が表示されると、ツアーの始まりです。

ようやく、僕たちの番になり、
改札みたいなゲートをくぐります。

お城の中に入って、廊下を進むと、
オーディオガイドが支給されます。

僕たちは日本人なので、オーディオガイドの表示は
「CHINESE」でした。



うぉい!!!!



少し戻って、受付の人に

「アイム ジャパニーズ アルヨ」

と伝え、日本語版をもらいました。



このオーディオガイド、
聞いたのはいいんですけど、あまり頭に入ってこなかったです。

僕の集中力の問題か?

で、このオーディオガイドを見て、思ったことがあるんですけど、

忘れました。

いやね、オーディオガイドを使うにあたって、
「何か」があった方がいいな、
「何か」を持ってきてたらよかったな、
と思ってたんですが、
その「何か」が何だったかを、

忘れました。

多分、イヤホンが短いとか、そんなんだったと思うんで、
これを読んでノイシュバンシュタイン城に行こうと思う人は、
長めのイヤホンを持って行けばいいんじゃないですか?

お城の見学も終わり、麓まで散歩がてらに歩いて降りました。

途中ニャンコがいたので遊ぼうと思ったけど、逃げられちゃいました。


ネコでもなんでも、日本にいても見れる動物と全く同じ動物を、
海外で見ると何だか不思議な感じがします。


日本のネコはどこから来たんだろう。
ドイツのネコはどこから来たんだろう。

地球は丸いんだな。

改めてそう実感します。


ではまた次回!

 

仕組み化・自動化に興味のあるあなたへ

 

顧客満足度97%超えのZEROPROが2年の時を経て『リストマーケティングの専門書』として完全リニューアル。

実績作り・情報発信・リストマーケティングの流れを動画コンテンツで徹底解説。

「24時間」「365日」お金を稼ぎ出す仕組み作りの戦術・思考・テクニック全てをまとめた極秘コンテンツサイトが『ZEROPRO改』です。

期間限定で無料プレゼントしていますので、下記の「今すぐ無料ダウンロード」をクリック!

ゼロプロ改

 

無職旅行
スポンサーリンク
ドロスケをフォローする
コンテンツビジネスで自由を手に入れるためのホニャララ

コメント

タイトルとURLをコピーしました