【 無職旅行-09 】ドイツ語と英語の認識の違い

無職旅行


無事、ミュンヘン空港に着きました。
海外特有の、というか、その国によって違う「匂い」がありますよね。

ドイツは何となく心地いい感じがしました。


空港に着いて、早速、トイレに行きました。
僕は、自他ともに認める短足です。

身長は172cmと大きくも小さくもないのですが、
そのうち、97cm(高校のとき調べ)が胴体(座高)なんです。

ってことは胴:足の比率が、だいたい10:7になる訳で。。。


何が言いたいかというと、


ミュンヘン空港、小便器の位置が高いんだよ!!

極東亜細亜なめんなよ!!


なんだよ、ちょっと背が高いからってさ、
自慢みたいに便器の位置を高くしやがって!





ギリギリでしたよ(*´ェ`*)

モチョットデアブナカッタ・・・


小便器の高さとは裏腹に、空港の手荷物受け取りは早かったです。
2番目くらいに僕らの荷物が出てきたので、便器の事は忘れてあげました。


その後、電車でミュンヘン駅に行こうとしたんですが、
きっぷの買い方がてんで分からなかった。


近くにいた日本人の方と、迷いながらも購入に成功。

何で迷ったかというと、
日本で準備してたときも、
ミュンヘンは München と書くものだとばかり思っていました。

間違ってはないんですけど、これはドイツ語。

英語では Munich と書くみたいです。

券売機では言語選択で英語を選べるので、
英語で「Munich」がミュンヘンだなんて知らない僕は、
きっぷを買えずにあわてふためくのでした。

電車の行き先も合ってるか不安でした。
それでもちゃんとミュンヘン駅(ミュンヘン中央駅?)に到着。

思ったよりも汚い駅でした。
そして、駅から徒歩ですぐの所にある、
ホテル エクセルシオールに到着!

さぁ、これからドイツビールで乾杯!
なんですが、思ったよりも長くなったんで、また次回に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました