望むゴールへたどり着く方法 その1 – 戦場 –

マーケティング


どうも、ドロスケです。

ビジネスにおいて、それぞれ目標があると思います。

例えば、
「コンペで競合に勝ちたい」
「社内で出世したい」
「ネットビジネスで収益をあげたい」

その人その人によって、立場も違えば、目指すところも違ってきます。
もちろん、目標は1つだけではないでしょう。

上の例でいえば、
「コンペで競合に勝って、社内での地位を確立して、出世をしたい」
なんてこともあると思います。

今回から数回に分けて、
「望むゴールへたどり着く方法」を解説していきます。

これを知るのと知らないのでは大違いです。
しっかりと、自分の中に落とし込んでいきましょう。

第一歩:どこで誰と戦っているのか


まず、最初に考えなければいけないのは、この2つです。

  • 自分はどこで戦っているのか
  • 自分の敵は誰なのか

最低限の現状分析ですね。

企業が新サービスを立ち上げる時なんかにも、
この考え方は重要になってきます。

モスバーガーが、「カフェ」の分野を強化していきたいと考えた場合、
競合はドトールや、スターバックスなどのコーヒーチェーン店になります。
この場合の戦場は、カフェやちょっとした休憩ニーズとなります。

この様に、目標へ向かう場合において、
どこで誰と戦うかを明確にする必要があります。

たとえば、あなたが不動産会社に勤めていて、賃貸物件の営業をしているとします。
この場合の競合は、社内の他の営業担当者もしくは、
同じ地域の不動産会社の営業担当者で、
戦場はもちろん勤務先の会社となります。

では、明確にするためにも、もう少し掘り下げて考えていきます。

戦場を明確にする


まずは、「戦場」です。
難しく考えることはなく、自分の戦っている場所が戦場です。

これをハッキリさせるためには、次の3つの視点から考えてみましょう。

  1. 今やっている仕事は何か?
  2. その仕事が顧客にもたらす価値は何か?
  3. 今やっている仕事を普遍化すると、どうなるか?

というところです。

今やっている仕事は何か


この項目のポイントは、具体的に書き出すというところです。
「営業」や「デザイン」ではボワッとしすぎています。
営業であれば、どんな会社で何を売っているのか、法人営業なのか個人営業なのか、
そういった部分を詳しく書いていきます。

例)
賃貸物件の営業で、店舗にいらっしゃったお客様に対して、
ご希望の条件を伺って最適な物件をご紹介し、
賃貸契約の締結まで、大家さんとの交渉も含めサポートしています。

その仕事が顧客にもたらす価値は何か


あなたが仕事をすることによって、誰かに何らかの価値を産み出しています。
それが何なのかを書いていきましょう。

例)
大家さんとの交渉を密にすることで、
お客様により良い条件で契約していただくことはもちろん、
大家さんとの良好な関係を信頼という形で築くことができます。
それにより、入居者の状況等を把握でき、
空室ができた場合にもスムーズに契約に運べ、WIN-WINの状況を作り出します。

今やっている仕事を普遍化すると、どうなるか


ここまでで、具体的な仕事内容と価値が分かってきたと思います。
その両方を踏まえながら、今度は具体的な仕事内容を抽象化していきます。
仕事内容を少し広い意味で捉え、価値を足すような感じです。
普遍化しておくことで競合が見えてきます。

例)
お客様の条件に合った、個人向け商品を紹介し、
商品元との信頼関係も構築できます。

まとめ


自分の立ち位置を理解することで、
目標に近づくものとなっていきます。

 

公式LINE にご登録ください◎

ネットビジネスを始めたはいいけど、 何をしたらいいか分かんない

とか、

これから始めたいけど、 そもそもどうやって始めるの?

そんな方に役立つ情報を、 公式LINEで配信しています。

是非ご利用くださいね^^


↓↓↓友だち追加はこちらから↓↓↓ 

今なら特典として、 僕が実際に初月10万円を稼いだ方法のレポートをプレゼントしています!
何にも知らない僕でもできたので、
頑張れば10万円とは言わず、
20万円、30万円と狙っていける内容になっています!

ぜひご活用ください◎

 

マーケティング
ドロスケをフォローする
コンテンツビジネスで自由を手に入れるためのホニャララ

コメント

タイトルとURLをコピーしました